着物の保管方法について

着物は保管方法が非常に重要です。まず気を付けるポイントは、きれいにたたむという事です。着物には決まった折り目がありますから、正しいたたみ方をする必要があります。変色や箔落ちをしないように気を付ける場合は、刺繍や箔のある部分に白布や和紙をあてるようにしてください。また、湿気が禁物です。そのため、湿気を防ぐために乾燥剤を使ったり、通気性の良い場所を選んだり、タンスの中に入れすぎないように気を付けて下さい。また、虫干しも必要です。最低でも一年に一度はするようにしてください。虫干しは、晴れの日が続いた乾燥した日を選びます。時間は四時間程度です。よく日が照っている午前中からお昼すぎまでの間が利用的です。カビや変色も同時に防いでくれます。このようにいくつかのポイントがありますが、きちんと行っていれば長持ちします。

結婚式で着物で出席するメリット

結婚式に招待された場合、服装に迷う人が多いはずです。迷った時には、着物を選択肢に入れてみて下さい。多くのメリットがあるので、おススメです。まず一つ目は、絶対に失礼がないという事です。ドレスなどの場合、白い服装を避けるなどタブーやルールが多くあります。しかし、正しく着物を着ていれば気にすることはありません。二つ目は、服装が他の人と同じになる心配がないことです。結婚式で同じような服装になりがちですが、その心配がありませんから安心です。また、流行などもありませんので、同じ着物で何度も出席出来るので経済的です。そして、最大のメリットは、その場を華やかに出来るということです。お祝いの場ですから、華やかさは重要です。ドレスにはない魅力があるので、新郎新婦にも喜んでもらえます。このように多くのメリットがあります。

結婚式で着物を選ぶ新婦のメリット

最近の結婚式では、ウェディングドレスだけでなく、着物を選ぶ新婦が増えています。その理由は多くあります。一つ目は女性が一番美しく見えるという点です。着物は古くから着てきた物です。日本人の体形に一番マッチしていると言えますので、美しさを引き出すことが出来ます。二つ目は、伝統を大事に出来るという点です。日本独特の文化を結婚式で再確認することが出来ます。また、新婦の母親や祖母から大体引き継いだ着物をしようすると、家族の絆を再確認出来ます。晴れ姿を見た親族も喜ぶこと間違いありません。三つ目は、ほかの人との結婚式と差をつけることが出来ます。ドレスが主流となっていますので、和装姿を見せることでほかの人と違う演出で、出席者を楽しませることが出来るからです。このように多くのメリットや魅力がありますので、おススメです。