着物を購入する際の注意点

最近若い世代を中心に徐々に注目を浴びているのか着物です。洋服よりも気品があり、過ごしやすいということで日常的に着る人も増えていますが、その際次のような点について注意しておかないと、何らかのデメリットが発生することがあります。まず挙げられるのが価格です。どうしても普通の服よりは一式を購入することで高額に感じますが、安いものだとあっという間に生地がダメになることや、破損や劣化をしやすいことがあります。そのため安物買いの銭失いにならないように考えておかねばなりません。次に挙げられるのが着る場面です。着物は生地などによって着る場面を変える必要があり、通常の洋服以上にTPOについて考えておかねばなりません。事前に転院などと相談し、どういった時に着用するかを考えて購入する必要があります。上記のポイントに注意し、着物の購入を行うことをお勧めします。

着物を購入する際に知っておくと良いポイント

最近では女性だけでなく男性でも着物を楽しむ人が増えています。そのため取り扱う店舗も増えていますが、購入時などに次の点について知っておくことで、様々なメリットを享受できることがあります。まず挙げられるのがどういった店舗で購入するかという点です。店舗で購入する場合寸法などもしっかり図ってくれ、アフターサービスにも力を入れているところが多いですが、その分料金は比較的高めに設定されていることがあります。一方インターネットサイトで購入することで、同じ着物であっても安価な価格で購入できることがありますが、採寸が合わなかったり、ほつれなどの修理に時間が掛かるといったデメリットなども存在します。どちらの場合も大きなメリットがある一方でデメリットもしっかり存在するため、それらを勘案しながら自身の希望する条件に合った方で購入することをお勧めします。

着物姿には和のお香が合う

着物姿になった時は、和のお香を身に付けてみてはいかがでしょう。西洋的な香水も良いのですが、和装に合わせて和の香りを漂わせるのも素敵です。お香の歴史は古く、平安時代の貴族はすでに、香炉を使って衣類に香を焚きしめていました。昔から着物の香り付けに使われてきたので、現代でもお香は和装によく合います。平安貴族のように香炉で焚きしめるのも良いですが、もっと手っ取り早く、匂い袋を使う方法がおすすめです。その日の和装に合ったデザインの匂い袋を帯締めから下げれば、ちょっとしたアクセサリーにもなります。ぶら下げタイプでない匂い袋なら、袂に入れてしまっても良いでしょう。より香りにこだわりたい場合は、自分で材料を混ぜて作る匂い袋手作りキットの利用がおすすめです。各お香専門店には、それぞれオリジナルのキットがあります。キットを使い、着物のイメージに合った香を自分で調合すると良いでしょう。